Profile
NAME 西又 葵(Nishimata Aoi)
BIRTHDAY 6月4日
BLOOD TYPE A型
JOB イラストレーター&原画家
MY HOME TOWN 東京都港区
HOME TOWN 東京都中野区
HOBBY
買い物・レストラン巡り・ドライブ
FAVORITE THINGS
ワイン・ウィスキー・もんじゃ焼き・焼肉・バーニャカウダ・鍋物・ボウリング・旅行・車
DISTASTE THINGS
メロン・フォアグラ・ジビエ料理
FAVORITE ANIMAL
猫。特にスコティッシュ。
FAVORITE MUSIC
T.M.Revolution
FAVORITE ARTISTE
AKB48G・北川景子・神木隆之介・綾野剛・亀梨和也・山下智久
Exhibition
■三越・銀座(2016年07月)
■伊勢丹・新宿(2015年10月)
■伊勢丹・新宿(2015年03月)
■眦膕亜新宿(2013年)
■眦膕亜新宿(2012年)
■伊勢丹・立川(2012年)
ART WORKS
■ 「ディズニープリンセス」Art Work
■ 「スターウォーズ」Art Work
■ JAうご「あきたこまち」パッケージ.他
■ 「痛茶」シリ−ズパッケージ
■ 「ハローキティといっしょ!」Art Work
■ NHK総合番組「MAGネット」キャラデザ
ANIME&GAME WORKS
■ 月に寄りそう乙女の作法2
■ 乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-
■ 月に寄りそう乙女の作法
■ 世界征服彼女
■ 俺たちに翼はない
■ Really?Really!
■ SHUFFLE!
■ マリッジロワイヤル
■ らぶドル-Lovery Idol-
■ Φなる・あぷろーち
ETC WORKS
■ 小春原日和の育成日記(電撃文庫)
■ ジャッジメントちゃいむ(E☆2)
calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
フィーネ見送りの日…
今日、お昼くらいにいつもお願いしている動物霊園の方が
フィーネをお迎えにくる…と言うことで
朝からお花を買いに行ったのですが、
コロナの影響で休みになっていたり、
日曜日定休日に変わっていたりでかなりバタバタしました…。
とりあえず11時からのお花屋さんを見つけたので
開店まで待機して買って帰宅。

少し早く着くと霊園から電話が来て
まだ私が花を買って家に着く前だったので
めちゃくちゃ焦りましたが事情を伝えたら
準備できたら連絡くれたら大丈夫ですと言ってくれて
ホッとしながらも急いでお花の飾り付け。

この後すぐに一緒に火葬されると分かっていても、
やっぱり綺麗に華やかに送り出してあげたいから
鮮やかなお花を毎回沢山選びます。

毎回、全ての子にしているけど
今回も華やかに箱をお花で飾りました。

フィーネ。本当に可愛い、愛嬌たっぷりの最高に良い子でした。


そして引き渡す前には、
家にいる他の猫たちにもフィーネを連れて行ってお別れしました。

みんな寂しそうで不思議そうな…そんな表情をしていました。
先に天国で待っている沢山の子達とゆっくり待っていてね。



そして、霊園の方にお願いをしました。
また火葬が終わったらお迎えに行くからね。

お世話になった動物病院からもお花を送って頂けて本当に感謝です。
どの動物病院でも亡くなった時にはお花送って下さるんだけど、
この気遣いって、かなり悲しみに暮れている状況の飼い主には
有難い事なんだよな。何気ない事かもしれないけどね。



あと、今回ね…凄い気になる事があって、
フィーネさ、死後硬直してないんだよね。
尻尾も身体もフニャフニャで本当にまだ生きているみたい。

調べてみたら、
『家族に愛されて幸せに死んで逝った猫は死んでも体が硬くならない』
…と言われてるみたいで。

今まで天国に言った子がそうじゃないって事?
…とか考えるとそんな事ないと思うから
単なる都市伝説かもしれないけど、
それでも見た瞬間涙出てきたんだよね。
フィーネが幸せだったなら私達も幸せだよ。

Twitterでは、フィーネに沢山のコメント本当にありがとうございました。
1つ1つお返し出来なくてごめんなさい。
拝見しては涙で嬉しさと悲しさで溢れていますが、
皆さんに沢山愛してもらえてフィーネは幸せだったと思います。
本当に本当にありがとうございます。

そしてこれからも今現在、うちで元気にしている猫たちの写真を
沢山載せていきたいと思いますが、フィーネの子供達や
その他の西又家の猫もどうぞよろしくお願いします。

フィーネの7番目の娘『チヂミ』ちゃん載せておきますね!!








最後に…ギリギリまで元気だったフィーネの姿も載せておくね。
8月21日
いつものように私の仕事机の下に転がってるフィーネ。
椅子で尻尾ひきそうになるんだよね。

9月7日
すず音とフィーネ。
血縁ないのに親子みたいだったよね。

9月15日のフィーネ。
この辺りからいきなり調子が悪くなって病院に。
でもまだまだ元気でした。

9月23日のフィーネの姿。
なんとかフラフラしながらも自力で登って
くつろいでいました。

本当にギリギリまでしっかりとしていて
弱いところもみせずにいました。
強い子だったんだなぁと。そう思います。

思い出ありすぎて語り尽くせないけど、
これから先、思い出しては泣いて…そして笑って、
そんな日々を私達は重ねていくでしょう。
永遠に忘れません。ずっと心は側にあります。

フィーネ。ありがとう!!!!
大好きだよ。

〓西又 葵〓
フィーネ
2020年10月2日(金)17時41分

愛猫『フィーネ』が亡くなりました。

急激な腎臓病の進行で、
最期は通院中に発作で亡くなりました。

2008年から12年と9ヶ月。
本当にいつも私の横にはフィーネが居てくれました。
今は悲しみでいっぱいですが、
それ以上に毎日を楽しく彩ってくれた事に
本当に感謝しています。


毎回誰かが亡くなる度に、
こうやってツイートをすることで
今までの楽しかった猫との思い出を、
写真を見返して改めて深く感じることが出来て、
ちょっとずつではありますが気持ちの整理になっています。
みなさんにも沢山可愛がって頂けて
本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。



満月の夜がくる日に逝ってしまったのは、
フィーネらしいなと思ったりもします。
今回貧血も酷かったのでフィーネの子どもたちも
ギリギリまで輸血のドナーになる準備をしてくれていました。
特に身体の大きい「はるまき」と「おかゆ」が
ママのために頑張ってくれました。ありがとう。

今年は『あさり』に続いて『フィーネ』まで亡くなり
本当に悲しい状況ですが、
フィーネの子供たち「ニョッキ・はるまき・らっきょ・
ちゃんぽん・ままかり・うずら・チヂミ・しらす・おかゆ」
そして「マロン・みかん・しじみ・すず音・雪見・シフォン・大福」の
元気な16匹がうちにはいます。

明後日フィーネを霊園に見送ってから、
また元気にいる16匹と明るく過ごしていけたらと思います。
でも今までうちに居てくれた子達との思い出は
一生消えることはありません。
やはり楽しかった思い出は消えない。
幸せな日々をくれる子たちに感謝です。
本当にありがとう。

写真選んで、思い出を辿りながらこのツイートしている中も
涙出っぱなしで止まらないけどね。
気持ちは前を向いていきたいです。
今日病院で1度呼吸が止まった後、
私が病院に着くまでに取り戻してくれて、
最期の発作で心臓が止まる瞬間までずっと
横に居て撫でてあげられたのは良かったです。

個別火葬の為にフィーネを霊園にお迎えに来てもらうのは
いつもは翌日が多いんですが、
明後日にしようと思ったのはまだお別れしたくないんだよね。
だからギリギリまで一緒に居たいと思ってしまうのは
私のワガママなんだけどね。

昨日、息を1度取り戻したあとのフィーネの写真。

これが生きている最期の写真になったなぁ。

フィーネ。いつかそっちに私が行ったら
またいつもみたいに一緒に遊ぼうね。
ありがとうフィーネ。またね!!

〓西又 葵〓
あさり

2008年3月17日から共に過ごしてきた

愛猫『あさり』が本日AM9時27分30秒に天国へ旅立ちました。

 

膵臓を悪くし闘病を続けてましたが残念ながら息を引き取りました。

 

今回、天国へ旅立つその瞬間を見届けることが出来ました。

これまでの子達は病院に入院して病院で亡くなったり、

朝起きたら冷たくなっていたり、出かけていて帰ってきたら亡くなっていたりと、

息をひきとる所を見届けるということがしてあげられたことがなく

寂しかっただろうなとか、色々と考えさせられました。

見届けるということが本当に辛かったのは変わりないですが

それでも…良かったと思っています。

 

あさりは「にゃんだふる!」という西又家の猫の写真集の表紙になった子で

その時はまだ子猫だったなぁと。

その本に載った子はもう殆どが天国に行ってしまったけど

いい思い出の本になりました。

出してくださった出版社様には感謝しかありません。

 

そしてインターネットで猫の死について触れるということについて

不謹慎だと思う方もおられるようですが、

やはり可愛い時期を皆さんにもお届けして、

成長を一緒に見守って頂き、可愛い時期も見てくださった皆様に

いい部分しか見せないという方が非常に多いと思っています。

 

私は飼うことから、責任を持ってその子の死まで見届けることが

1つの使命だと思っていますので

皆さんに可愛い時期をお届けしている以上、

一緒にいっぱい見てくださった皆さんに

亡くなったことまでをお届けして1匹の猫の生涯を共にしていただきたく思っています。

これからも西又家の全ての猫についてお届けしていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

あさり…12年間うちの子になってくれて本当に有難うね。

またいつか天国で会おうね!!

 

お家に来たときの「あさり」

 

まだ子猫〜

 

2年前くらいの写真

 

今年になってからのあさり

work.jpg
qr
qrcode
2014年発売予定のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2』を応援しています!
Navel『乙女理論とその周辺』を応援しています!